赤外顕微鏡原理

波長が可視光線より長い電磁波で透過して観察する顕微鏡のこと。 透過可能波長は900nmから1200nm(近赤外線)に対応しております。 主な得意観察対象は、半導体関連のシリコンチップのBGA(ボールグリッドアレイ)の欠陥...

顕微ir サイズ

赤外線フィルターは、赤外線透過フィルターIRフィルターともいわれます。赤外線のみを透過させ、可視光線をシャットアウトする機能をもったフィルターのことを言います。

対物レンズ 赤外

赤外顕微鏡用の対物レンズは一般的にW.D (試料と対物の距離)が短いものがほとんどです。 赤外ズーム顕微鏡はW.D(試料との距離)が長いのが好評を得ています。 (1.2倍~15倍W.D=46.15mm, 2.5倍~30倍...

赤外線顕微鏡価格

赤外顕微鏡の価格については個別問合せにて御見積等に対応いたします。

赤外線とは?

波長が可視光線より長く、マイクロ波より短い電磁波です。 (電磁波とは電界と磁界が相互に作用して光と同じ速さで空間を伝達する波の事) (波長は1往復する空間に進む距離) *電磁波は波長の違いで特性はまったく異なります。

赤外ズーム顕微鏡はなんでも透けて見えるのですか?

赤外ズームは波長900nmから1200nm(近赤外線)に対応しておりますので波長範囲での透過であれば見えますが1000nm以上は高感度カメラが必要とされます。 又、観察試料にもより透過しずらい物質(乱反射起こし易い金、銀...

赤外ズーム顕微鏡の用途は?

主に半導体関連のシリコンチップのBGA(ボールグリッドアレイ)の欠陥箇所観察やシリコンウェハーの露光での位置出し装置に活用されております。

遠赤外線と近赤外線との違いは?

遠赤外線は波長3μmから1000μmが範囲でセラミック、プラスチック、水、繊維木材、食品、人体、動植物などに吸収されやすい波長で、この物質は共通として3μmから30μmでの固有振動があるので遠赤外線の照射を受けるとお互い...

可視光と赤外光の違いは?

可視光は人の目で確認できる範囲です。虹の7色ですが紫色、赤色の外側には目で確認できない光が存在します。この範囲が紫外線と赤外線です。

赤外ズーム顕微鏡の特徴は?

従来、販売している近赤外顕微鏡はW.D (試料と対物の距離)が短いのですが赤外ズーム顕微鏡はW.D(試料との距離)が長いので使い易いと思われます。 (参考) 従来の赤外顕微鏡=10倍W.D=18mm, 20倍W.D=8....