赤外顕微鏡用の対物レンズは一般的にW.D (試料と対物の距離)が短いものがほとんどです。
赤外ズーム顕微鏡はW.D(試料との距離)が長いのが好評を得ています。
(1.2倍~15倍W.D=46.15mm, 2.5倍~30倍W.D=35.25mm,4.6倍~50倍W.D=14mm)