赤外波長の必要な範囲波長を通し他の波長を通さない事で解像力をアップする手段として活用されます。