画像解析

近年アイボールでの確認のみでなく、CCDなどによる
光学情報のデジタル化ニーズが高まっています。

接眼レンズとデジタル画像出力の両方が必要な場合や、
デジタルのみだが画像解析までが必要な場合など組み合わせは多様です。

当社ではCCDは開発しておりません。
その代わり求められる出力に対して十分な汎用品をチョイスし、
目的に合うレンズや構造体を設計し、画像解析ソフトを開発します。

全ての構成部品を自社製にすることは
単にコスト高になるだけと当社は考えております。

すべては結果です。
お客様が求める出力を実現するための
調達力、技術力、開発力、発想力でお応えしております。